吉村葉子 Yoko Yoshimura吉村葉子 Yoko Yoshimura

愛と憎しみは双生児である。愛すればこそ憎むし、憎むほどの愛があってはじめて愛するのだ。

愛ね、……憎むほどの愛どころか、相手を憎むエネルギーがあったら他のことに向けたいと思う私はダメかしら。この年まで本気で誰かを憎んだことありませんが、気が付かないうちに憎まれているかもね。

slider-frame
  • main-img-01
  • main-img-02
  • main-img-03

newsお知らせ

2022.12.01

ちょっと、ちょっと待ってください。来年はドカッと増税だそうですよ。それならなぜ、旅行支援でバラまきするんですか???? コロナがインフルエンザなみの5類になったら治療費は有料になるらしいですよ。箪笥貯金や外貨貯金は、ごく一部の富裕層のお話。一般庶民をこれ以上いたぶるのは為政者の奢りか、それとも無知かしら。ほんの少しでもいいから、夢が持てる世の中にしてほしいですよね。

■講談社ワンテーママガジン『FRaU(フラウ)』
「コロナでボロボロなはずのフランスが2024Paris五輪開催に自信を持つワケ」

2022.12.01

今、Los. とN.Y.から親友が帰国してます。左枠とは矛盾しそうですが、彼らは一様に東京の快適さをたたえてます。幸せの国、ブータンより日本の方が満足度、まちがいなく高いと思います。だってブータンがあるの、バングラデッシュの北ですよ。逆さまの地図で見るとわが国の位置も微妙ですが、日常の私たちに危機感ありませんもんね。ネットで買った商品が買い手にまちがいなく届く国なんて、日本しかないです。大昔、生活の拠点をパリから東京に移してすぐのころの記憶をDiaryにしてみました。

* お詫び: このHPをスタートさせてから毎月1日と15日の月二更新を厳守してまいりましたが、今月から1日の月イチにさせていただくことにしました。ネタが枯れたわけではなく時間が足りなくなりました、年のせいかも(笑)。

diary日 記

  • 2022.12.01
  • 世界で一番安全安心な国 NIPPON

杏さんのパリ生活のお話を読むと、過去にあったさまざまなことを思い出します。郊外にできたてのイケアで机を買って、配達を指定日の午後便にしておいたときのことでした。なんと荷物が、私が買い物に出ていた午前中に来てしまい、「留守だったので、商品を持ち帰りました。下記の場所に連絡ください」という紙切れだけが郵便ポストに残っていたことがありました。手元に配達希望日の欄に....

本文を読む