吉村葉子 Yoko Yoshimura吉村葉子 Yoko Yoshimura

人間は神がつくったということは僕は信じられない。神がつくったものとしては人間は無常すぎ、不完全すぎる。しかし自然が生んだとしたら、あまりに傑作すぎるように思うのだ。

武者小路実篤の『人生論』で見つけたこの一文、名言とは程遠い気がいたしますがおおらかで好感が持てます。

slider-frame
  • main-img-01
  • main-img-02
  • main-img-03

newsお知らせ

2022.09.01

「強きをくじき、弱きを助ける……」、じゃない、これでは任侠道になっちゃいますわ。「弱きを助け、貧しきを救い」だったかしら? 20世紀は宗教の時代といわれていただけあり、様々なセクトが生まれましたね。宇治の平等院もですが、世界中の歴史建造物の多くは信者さんの寄進。どこも富める者の浄財意識の結実なわけですが、裏で貧者からボッタクリもあったんですかね。信ずれば救われるのでしょうが、迷宮ですね。

■講談社ワンテーママガジン『FRaU(フラウ)』
「コロナでボロボロなはずのフランスが2024Paris五輪開催に自信を持つワケ」

2022.09.01

ディズニーのプリンセスたち、デジタルになってからメンバーが急増し、内容が豊富どころか刺激的なのに驚かされます。シンデレラやオーロラ姫、白雪姫のように単純ではなく、乙女心を多面的に刺激。なんとフィニシング・スクールよろしく、3~4才の幼児から女子力全開。プリンセスになるためのマナー教室まであったりで、さすがです。

* お詫び: このHPをスタートさせてから毎月1日と15日の月二更新を厳守してまいりましたが、今月から1日の月イチにさせていただくことにしました。ネタが枯れたわけではなく時間が足りなくなりました、年のせいかも(笑)。

diary日 記

  • 2022.09.01
  • 至福のラム・レーズン

久々に、私のメニューに自慢の一品が加わりました。デザートは作るばかりで、たまにお味見する程度だったんですが、今回、お話しするラム・レザン、つまりラム・レーズンのアイスクリームにかぎっては、作っている私が夢中になるという珍現象が起きました。バニラアイスとラム酒に付け込んだ干しブドウを混ぜただけのラム・レーズンの美味しさは、形容の仕様がないほどの完成度。正確な....

本文を読む