吉村葉子 Yoko Yoshimura吉村葉子 Yoko Yoshimura

ひとり灯のもとに
文をひろげて、
見ぬ代の人を友とするぞ
こよなう慰むるわざなる。

『徒然草』を読んでいると、兼好の守備範囲の広さに驚かされます。 平安時代の物語のことを指しているのかしら。

slider-frame
  • main-img-01
  • main-img-02
  • main-img-03

newsお知らせ

2016.06.15

7月16日、地下鉄<六本木一丁目駅>の地下にあるパン屋さんの『PAUL』で、小さな巴里祭をします。親友のレミのギターと歌で、気楽にやりましょう。ご希望の方は、下記のアドレスにメールくださいな。

E-mail : yoko-y@basil.ocn.ne.jp

2016.06.15

『人生後半をもっと愉しむフランス仕込みの暮らし術』の新刊が、早くも重版になりました。ページを埋める写真が楽しくて、拙著の中でもっとも私らしいと読者さんに言ってもらってます。

diary日 記

  • 2016.06.15
  • 『PAUL』で巴里祭

そうです、パン屋さんの『PAUL』でパリ祭をすることになりました。14日が平日なので、日程は同じ週末の16日。土曜の午後3時(もしくは4時)からのんびりみんなで集まって、おしゃべりしましょうといった趣向で、べつに特別なイベントはありません。しいて言えば、ジョルジュ・サンドで毎月していた<GSの夕べ>的な雰囲気になればと思います。そうそう ......

本文を読む