吉村葉子 Yoko Yoshimura吉村葉子 Yoko Yoshimura

四角な世界から常識と名のつく角を摩滅して
三角のうちに住むのを芸術家と呼んでもよからう。

ご想像通り、漱石の『草枕』で見つけました。

slider-frame
  • main-img-01
  • main-img-02
  • main-img-03

newsお知らせ

2019.11.01

若松節朗監督、『Fukushima 50』の試写会に行ってきました。あの日、福島の原発内に命がけで残った作業員50人のノンフィクションで主役は佐藤浩市さん。暗いかなと思ってましたが予期に反して、泣けました。

2019.11.01

先回の更新後、南仏に行ってきました。そのことを書く予定でしたが、上述の『Fukushima50』が面白すぎたのでDiaryにしてみました。いつもの講談社さんのWebも、下記のURLでお願いします。

■『クリステルさんインタビュー』はこちらからどうぞ >>

■講談社『FRaU』サイトはこちらからどうぞ >>

diary日 記

  • 2019.11.01
  • 『Fukushima50』、泣けました。

「え、あんたが泣いたの?」とお疑いになるかもしれませんが、まったく涙もろくない私が泣いたんですから相当です。『沈まぬ太陽』でアカデミー賞をとった若松節朗監督に今作から、“泣かせる監督”の冠詞がつくのではないでしょうか。原作は熱血漢で知られるノンフィクション作家の門田隆将さんの『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)。福島に親友がいるので.....

本文を読む